ドライブレコーダーXYZ

ドライブレコーダーを買うなら!

*

GoSafe 34G(GS34G) 両面粘着式ブラケット/PAPAGO(パパゴ)

   

GoSafe 34G(GS34G)に同梱されている取付ブラケット、両面粘着式ブラケットについて形状などを確認してみます。

ただ、GoSafe 30Gの両面粘着式ブラケットと見比べてみたところ、全く同じに見えました。

GoSafe 34G(GS34G) 両面テープ付ブラケット

ちなみに↑このブラケットは、GoSafe 30Gの物です。


4方向から

前後、左右から撮影してみました。

前から撮影

3Mの粘着テープが付いています。

貼り替え用に、予備としてもう一枚附属しています。

後ろから撮影

首の部分がボールジョイントとなっているので、前後・左右に角度調整ができるようになっています。

左から撮影

首部分が360度回転します。

右から撮影

ダイヤルを緩めることで、前後方向への角度調整が可能です。

本体との接続方法

GoSafe 34G(GS34G) 本体のブラケットスロット(凹み)に、両面粘着式ブラケットの突起部分を挿入し、モニター側から見た場合、右側へスライドさせます。

ブラケット勘合部分

軽く力を掛けて、カチッと音がするまで押し込みます。

ブラケットの突起部分

取り外し方法

取付とは逆方向(モニター側から見て左)へ、両面粘着式ブラケットをスライドさせます。

取り外す際も大きな力は不要です。

取り付け長

両面粘着式ブラケットの向きによって変わります。

メーカーでの想定がどちらなのか?

取扱説明書の絵を見る限り、Aタイプです。

Aタイプ

ブラケットと本体を組んだ状態で、約12.5cm(125mm)です。

ブラケットと本体を組んだ状態A

Bタイプ

両面粘着式ブラケットの向きを変更することで、約9.5cm(95mm)とする取り付け方も可能です。

ブラケットと本体を組んだ状態B

GoSafe 34G(GS34G)本体をフロントガラスのどの位置に取付けるか?

また、フロントガラスの傾斜といった要素で、適当なポジションが変わってくると思います。

オプションブラケット

この標準の両面粘着式ブラケットの他に、別売りで吸盤タイプのブラケットの用意もあります。

車両から車両への載せ替え、取付け位置によって、どのような映像を得られるかといった検証等に活用できます。

型番:A-PPG-P04

価格は、2,000円くらいです。

Yahoo!の現在価格

アマゾンの現在価格

楽天市場の現在価格

 -  インプレッション, PAPAGO GoSafe 34G(GS34G-32G)
 -    


  人気機種

  要チェック

  ピックアップ

ドライブレコーダーで記録した映像(夜間)
ドライブレコーダー映像の記録機能

ドライブレコーダーの最重要機能といっても過言ではないのが映像の記録です! ドライ …

自動車のシガーソケットと電源プラグ
ドライブレコーダーの電源

ドライブレコーダーを利用する為には、ドライブレコーダーの電源を確保する必要があり …

ドライブレコーダー取付前の動作確認
ドライブレコーダーの取り付け方(番外編)

手元にあるドライブレコーダーを取り付ける前に! 動作するか?チェックしておきまし …

ドラレコカメラ リア取り付け
リアカメラの取付場所は、車内か車外が良いか?

ドライブレコーダーを取り付けようと思われている方の中には、車両の後方も撮影したい …

車線逸脱警報システムのイメージ
安全運転支援機能

2014年(平成26年)あたりのドライブレコーダーから映像や音声の記録といった基 …

電柱の陰に隠れている当たり屋
映像から分かる事件の状況(イメージ)

事件といっても様々な事件がありますが、ドライブレコーダー=防犯カメラと考えると、 …

自動車のイメージ
自動車用のドライブレコーダー

自動車用のドライブレコーダーが普及し始めたのは、自家用車向け(家庭用)ドライブレ …

ドライブレコーダーを取り付ける位置の確認
ドライブレコーダーの取り付け方(簡単編)実践!本体取付

前項の続きです! ここでは、以下の1について紹介します。 ドライブレコーダー本体 …

ドライブレコーダーのWi-Fi接続イメージ
ドライブレコーダーWi-Fi接続機能

Wi-Fi接続機能を搭載しているドライブレコーダーも近年増えてきています。 Wi …

ドライブレコーダーの車速表示
ドライブレコーダー走行速度(車速)の記録機能

ドライブレコーダーの機種によっては、走行速度(車速)を記録してくれる機能が付いて …