ドライブレコーダーXYZ

ドライブレコーダーを買うなら!

*

PAPAGO スイッチ付きスマート電源コード(A-JP-RVC-3)の取付(DIY)

   

GoSafe S36GS1(GSS36GS1)の防犯検知機能を使うために、スイッチ付きスマート電源コード(A-JP-RVC-3)を車両に取り付けました。

スイッチ付きスマート電源コード(A-JP-RVC-3)

このスイッチ付きコードの詳細は、以下のページにて解説!

PAPAGO!ドライブレコーダー専用 スイッチ付スマート電源コード(型番:A-JP-RVC-3)


取り付け例

接続する線は、2線とシンプルなので、DIYでも作業は比較的簡単です。

ポイントを挙げるとすれば、スイッチ(以下、SW)の位置になると思います!

ということで、SWの取り付け位置から検討してみました。

助手席側

助手席側に取り廻した場合。

GoSafe S36GS1の本体が、ルームミラーを挟んでドライバー側に付いているので、助手席側から配線を引き回すと、定期点検用のステッカーの脇あたりにSWが来ます。

助手席側に本体が付いているとすれば、点検ステッカーの上あたりにSWが来ると思います。

運転席側

運転席側に取り廻した場合。

ドライバーの視線内にSWが来るので、神経質な筆者としては気になる位置です。

そもそもフロントガラス上部とは言え、保安基準的にSWを貼り付けて良い物なのか?

道路運送車両の保安基準等の一部を改正する省令等について(概要)

これの影響かは分かりませんが、ドライブレコーダー本体が視界の中に入っている位置でも、車検(指定整備工場にて)で指摘されたことはありません。

あくまで筆者のケースでは!

このSWに関しては分かりませんが…。

いずれにしてもフロントガラスに貼り付いているのは、スマートではないと思ったので、ルームミラーの裏側に貼り付けることにしました。

配線の長さに関しては、天張り(ルーフライニング)の中に入れて、調整するなどで対応。

吸盤タイプのブラケットをご使用であれば、本体が脱落して壊れたり、ダッシュボードを傷つけたりすることもあるので、ルームミラーの支柱などに、一回転くらい巻き付けておくと安心。

長さの調整にも活用できます。

A-JP-RVC-3のスイッチ

多少配線がごちゃごちゃして見えますが、他のドライブレコーダーとA-JP-RVC-1の配線も残したままなので!

SWのオン・オフに関しては、上下に動かすことになるので、見えていなくても問題なくカンタンに行えます。

残りの作業

取付車種や配線の引き回しルートなどによっても細かな部分は変わってくると思います。

今回の作業内容としては、電源を運転側にあるヒューズボックスから取得して、配線はドライバーから見えないように、内張内に隠す感じで引き回します。

配線の引き回しルート

ということで、配線作業に必要な部品等を取り外します。

サンバイザー等を外した状態

天張り内に配線を入れて、Aピラー部分では付属の配線止めを利用し、ヒューズBOXまで配線。

配線クリップ固定箇所

ETCアンテナの線は、純正の配線に沿わせて、丁寧に作業していますが、今回は作業時間(スピード)重視という事で!

ヒューズボックス

ヒューズBOXからは、エーモンのヒューズ電源を利用して、「+赤線」を接続。

この部分に関しては、エーモンの公式ページで、詳しく紹介されています。

アースポイント

「-黒線」は、ボディの金属部分にアース。

エーモンのヒューズ電源を利用しているので、端子の加工は一切不要で、繋ぐだけで作業完了!

あとは、余った配線を整理して、取り外したパーツを元通りに戻して終了です。

余剰配線部分

想定よりも余剰な配線部分は短かったです。

助手席側回りだと、届かなかった可能性が高いです。

引き回しルートを決める際には、その辺も要確認!

防犯検知機能

GoSafe S36GS1の防犯検知機能を利用する準備が整いました。

防犯検知機能に関しては、別途詳しく紹介しますが、スーパーの駐車場に30時間ほど動体検知で置いて置いたところ!

動体検知 合計4件

合計4件の録画が行われていました。

前だけではなく、後方も録画してくれるので、安心感倍増です!

 -  PAPAGO GoSafe S36GS1(GSS36GS1-32G), インプレッション
 -    


  人気機種

  要チェック

  ピックアップ

ドラレコカメラ リア取り付け
リアカメラの取付場所は、車内か車外が良いか?

ドライブレコーダーを取り付けようと思われている方の中には、車両の後方も撮影したい …

ドラレコ取り付けチケット
ドライブレコーダー取り付けチケット

電源はシガーソケットからで、配線が少々見えても問題ないようであれば、自分でドライ …

重要な記録データを失ったら(涙
記録データファイルの保護機能(バックアップ電源)

記録データファイルの保護機能(上書き防止)という他に、ドライブレコーダーへ供給さ …

交差点での事故を想定した映像
映像から分かる交通事故の状況(イメージ)

ドライブレコーダーを取り付ける方の大半は、万が一の交通事故を想定していると思いま …

自動車のイメージ
自動車用のドライブレコーダー

自動車用のドライブレコーダーが普及し始めたのは、自家用車向け(家庭用)ドライブレ …

ドライブレコーダーのWi-Fi接続イメージ
ドライブレコーダーWi-Fi接続機能

Wi-Fi接続機能を搭載しているドライブレコーダーも近年増えてきています。 Wi …

アサヒリサーチのドライブマン720S
自家用車向け(家庭用)ドライブレコーダー

事業用(業務用)の車両以外を対象としたドライブレコーダーを、当サイトでは自家用車 …

ドライブレコーダーを取り付ける位置の確認
ドライブレコーダーの取り付け方(簡単編)実践!本体取付

前項の続きです! ここでは、以下の1について紹介します。 ドライブレコーダー本体 …

ドライブレコーダーの録画イメージ
事故などの際に録画されて無かった!という相談が増加

以下の朝日新聞デジタルの記事によると、ドライブレコーダーのデータを確認したら録画 …

自動車のシガーソケットと電源プラグ
ドライブレコーダーの電源

ドライブレコーダーを利用する為には、ドライブレコーダーの電源を確保する必要があり …