ドライブレコーダーXYZ

ドライブレコーダーを買うなら!

*

GoSafe 30G(GS30G) 両面テープ付ブラケット(標準仕様)/パパゴ(PAPAGO)

   

GoSafe 30G(GS30G)に付属している、両面テープ付ブラケットを紹介します。

パパゴ(PAPAGO) のドライブレコーダーの場合、標準仕様は吸盤タイプというイメージが強かったですが、このGoSafe 30G(GS30G)では、両面テープタイプが標準(同梱)となっています。

GoSafe 30G(GS30G) 両面テープ付ブラケット


両面テープ

ブラケットに3Mの両面テープが付いています。

ブラケットと両面テープ

さらに!予備の両面テープが1枚付いています。

ブラケットの貼りなおし、車両買替時などでの移動も、同梱の両面テープで可能となっています。

本体との接続方法

GoSafe 30G(GS30G) 本体のブラケットスロット(挿入部分)と、ブラケットの溝を合わせて、スライドさせて押し込みます!

ブラケット取り付けイメージ

作業自体は単純なのですが、結構硬めで、力を掛けられる部分が薄いので、ゴム製の指サックを使用しました。

※個体差がある可能性も!吸盤タイプは、容易に入ったので。

ロックされた状態(位置)

↑完全に奥まで挿入された状態。

ロックが掛かったと感触で分かると思いますが、ブラケットと本体の位置関係でも判別は可能です。

取り外し方法

取付とは逆方向に力を掛けて、ロックを解除すれば、取り外すことが可能です。

本体角度の調整

ブラケット首の部分に、ボールジョイントが採用されているので、左右上下方向の微調整は難無く出来ます。

フロントガラスとの取り付け状況にもよりますが、上方向はGPSの傘部分があるので、大きく動かすことはできません。

また、モニター側から見て、右方向へも電源コードがあるので、同様です。

普通に正面を撮影するなら、そこまで大きく角度調整する必要性もないので、問題はないですが!

取り付け長

ブラケットと本体を組んだ状態で、約9cm(90mm)です。

ブラケットと本体を組んだ状態で測定

ただ実際に取付けた場合は、もう少しブラケットが前に倒れ込むので、8cm台になると思います。

全長が短いので、ルームミラーの裏側に、綺麗に収める取り付け方も可能かと!

※車種や構造などの条件にもよる。

 -  インプレッション, PAPAGO GoSafe 30G(GS30G-32G)
 -    


  人気機種

  要チェック

  ピックアップ

ドライブレコーダーの車速表示
ドライブレコーダー走行速度(車速)の記録機能

ドライブレコーダーの機種によっては、走行速度(車速)を記録してくれる機能が付いて …

高速道路を走行中の映像
ドライブレコーダーの参考映像(イメージ)

使用するドライブレコーダーの機種やドライブレコーダーの設定、ドライブレコーダーを …

Google Mapsによる走行ルート確認
ドライブレコーダー走行軌跡の記録機能

GPSからの測位情報を受信することによって、車両が走行したルートを記録してくれる …

ドライブレコーダーで記録した映像(夜間)
ドライブレコーダー映像の記録機能

ドライブレコーダーの最重要機能といっても過言ではないのが映像の記録です! ドライ …

ドライブレコーダーの電源配線の取り回し方法
ドライブレコーダーの取り付け方(簡単編)実践!電源配線

いよいよドライブレコーダーの取付も最終工程です! ここでは、以下の2について紹介 …

ドライブレコーダー取付前の動作確認
ドライブレコーダーの取り付け方(番外編)

手元にあるドライブレコーダーを取り付ける前に! 動作するか?チェックしておきまし …

ドライブレコーダーを取り付ける位置の確認
ドライブレコーダーの取り付け方(簡単編)実践!本体取付

前項の続きです! ここでは、以下の1について紹介します。 ドライブレコーダー本体 …

ドライブレコーダーのWi-Fi接続イメージ
ドライブレコーダーWi-Fi接続機能

Wi-Fi接続機能を搭載しているドライブレコーダーも近年増えてきています。 Wi …

自動車のシガーソケットと電源プラグ
ドライブレコーダーの電源

ドライブレコーダーを利用する為には、ドライブレコーダーの電源を確保する必要があり …

ドライブレコーダー取り付けに関する保安基準
ドライブレコーダーの取り付け方(簡単編)概要

ドライブレコーダーを取り付けようと思っているけど、自分で取り付け作業が出来るか? …